AI Party2018年冬会(再開催告知)【2/22(木)19時30分~】

1月22日に実施する予定だった「AI party2018年冬会」は、同日の大雪により中止となりました
そこで2月22日にあらためて開催することとなりました。

27535407_2034042013280378_1817429997_o

<開催概要>
名 称 「AI Party 2018年冬会」
日 時 2018年2月22日(木曜日)19時30分~21時30分(※開場19時15分~)
会 場 DeNA渋谷ヒカリエオフィス(地図
参加費 ※DeNA様のご厚意によって無料となります。
募 集 60名(立食)※お足の悪い方のためにお席も用意いたします。

主 催 三宅陽一郎
協 力 株式会社ディー・エヌ・エー、株式会社アールティ

<要旨>
近年、さまざまな分野で人工知能が盛んになりつつあります。ゲーム、ロボット、エンターテイメント、ドローン、金融、データ解析など、それに携わる職種も様々です。この人工知能の広がりはそれに携わる人々との会話を通じて初めて体験できます。本パーティはそのような垣根を超えた会話の場として、自分の現在位置を見きわめる場として、ご用意いたします。

いろんな職種の人に来て頂きたいと考えています。デザイナー、エンジニア、ビジネスマン、研究者、金融、ロボット、などの方々が混在して、AIの全体像を会話からつかめる場にしたいと考えております。ぜひ、ご参加ください。

<スケジュール>
19:20- 入場受付開始
19:30- 諸注意事項
19:35- 主催挨拶(乾杯&ショートプレゼン)
19:50- 懇親会
20:20- ライトニングトーク(1人1分10件まで)
21:20- 中締め
21:30- お開き

申込方法の詳細は、非公開のFacebookグループ【AI, Business and Technologies】を通じて行います。
まずは同グループへ参加リクエストをお送りください。

(注)当日無断欠席された方は以後のAIPartyへの参加をご遠慮いただく場合がございます。ご予定ご確認の上、お申込みください。

AI, Business and Technologiesへの参加リスエストはこちらから

AI Party2018年冬会を開催します【1/22(月)19時30分~】※中止となりました

昨年10月に第1回(2017年秋会)を実施したAI Partyの第2回を実施できる運びとなりました。

名 称 「AI Party 2018年冬会」
日 時 2018年1月22日(月曜日)19時30分~21時30分(※開場19時15分~)
会 場 DeNA渋谷ヒカリエオフィス(地図
参加費 ※DeNA様のご厚意によって無料となります。
募 集 60名(立食)※お足の悪い方のためにお席も用意いたします。

主 催 三宅陽一郎
協 力 DeNA、アールティ

<要旨>
近年、さまざまな分野で人工知能が盛んになりつつあります。ゲーム、ロボット、エンターテイメント、ドローン、金融、データ解析など、それに携わる職種も様々です。この人工知能の広がりはそれに携わる人々との会話を通じて初めて体験できます。本パーティはそのような垣根を超えた会話の場として、自分の現在位置を見きわめる場として、ご用意いたします。
いろんな職種の人に来て頂きたいと考えています。デザイナー、エンジニア、ビジネスマン、研究者、金融、ロボット、などの方々が混在して、AIの全体像を会話からつかめる場にしたいと考えております。ぜひ、ご参加ください。

<タイムテーブル(予定)>
19:15~ 入場受付開始
19:30~ 懇親会
19:40  会場ごあいさつ
20:00~ ライトニングトーク
21:20  中締め
21:30  お開き

■運営からのお願い
本イベント開催中に事務局による写真撮影があることをご承諾いただきエントリーをお願いします。なお撮影した写真は一般に公開する可能性がございます。

懇親会ではアルコール飲料を提供させていただきます。参加に際して未成年者の方は年齢確認をさせていただきますのでご了承ください。

募集は非公開のFacebookグループ【AI, Business and Technologies】を通じて行います。
まずは同グループへ参加リクエストをお送りください。

(注)当日無断欠席された方は以後のAIPartyへの参加をご遠慮いただく場合がございます。ご予定ご確認の上、お申込みください。

AI, Business and Technologiesへの参加リスエストはこちらから

新年のごあいさつ

本年もよろしくお願いします。

今年は、

日本が育んできたキャラクター文化と、

人工知能が融合することで、

日本が世界に先駆けて、キャラクター人工知能の分野が発展し、

社会の隅々まで、サービスのフロントやインターフェエースで、

人工知能を持ったキャラクターが活躍することになります。

そのために、アニメでキャラクターを育み、

ゲームで人工知能を進展させ、

この2つを融合させて新しい潮流を生み出したいと思います。

【まとめ】2017年のアニメについて

Miyake.Labo主宰の三宅です。

miyayou.com では三宅を構成する超重要要素であるアニメについても不定期に書き残して行こうと思っています。
(興味のない方は読み飛ばしてください。)

この記事では、Miyake Labo.をお手伝いいただいているメンバーに聞き手になってもらいつつ2017年に三宅が観たアニメ作品について語っていきます。

続きを読む “【まとめ】2017年のアニメについて”

人工知能のための哲学塾 東洋哲学篇 まとめページ【2018年春刊行予定】

2015年に定期勉強会を実施して2016年夏に書籍<Amazon購入ページはこちら>も発売した『人工知能のための哲学塾』の後継として2017年には東洋哲学篇の定期勉強会をしています。勉強会は前回の西洋哲学篇と同じくNPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のSIG-AIに主催していただきつつ、犬飼博士(@polygoninukai)さんと開催しています。

目次はこのとおりです。

「知能からエッセンス的に機能を抽出して作るのではなく、”意識”を作りたいのだ」

西洋哲学というフレームワークをもとに人工知能および人間の知能を探求する旅が、先の『人工知能のための哲学塾』とすると、本書はその足場である「西洋哲学」を一度取り払って、あらゆるもの・ことが混在するカオスの中から、人工「知性」を巡る航海です。

人工知能を取り巻く進化は想像以上のスピードで私たちの社会に変化を起こしています。将棋や碁のような、あるフレームの中で人間以上の能力を発揮する人工知能は実現していますし、ビッグデータを元にさまざまな解析を行う”AI”がテレビ番組に登場し物議を醸したり、実際にAIサービスをB2Cで立ち上げる企業も続々と現れています。

しかし、それをもって、「人間と人工知能がインテリジェンスなコミュニケーションが取れる」と言えるでしょうか?

今の人工知能の限界がそこにあります。
これは、そのまま西洋的なアプローチの限界点だといえます。理詰めで組み上げていく西洋の哲学を足場にする限り、人間が作ったフレームの中でしか機能しないのです。

それは、”本来の知能”でしょうか?

東洋編では「人工知性=世界の中で息づいている姿勢」と位置付け、解くための人工知能ではなく、生きることに接続する人工知性へと拡張するための土台を探求していきます。それには、東洋・イスラムといった、西洋とは出自を異なる哲学が必要なのです。

自然に在るままで成立する知能のエッセンスをエンジニアリングで実装する、西洋の枠組みの中にしかいない今の人工知能の先、人工知性を見据える旅です。

【【書籍は2018年春、BNN新社より刊行予定!】】

続きを読む “人工知能のための哲学塾 東洋哲学篇 まとめページ【2018年春刊行予定】”

AI Party2017年秋会を開催します【10/19(木)19時~】

名 称 「AI Party 2017年秋会」
会 場 渋谷某所
参加費 4,000円/学生 3,000円
募 集 40名(立食)※お足の悪い方のためにお席も用意いたします。

主 催 三宅陽一郎
協 力 アールティ

<要旨>
近年、さまざまな分野で人工知能が盛んになりつつあります。ゲーム、ロボット、エンターテイメント、ドローン、金融、データ解析など、それに携わる職種も様々です。この人工知能の広がりはそれに携わる人々との会話を通じて初めて体験できます。本パーティはそのような垣根を超えた会話の場として、自分の現在位置を見きわめる場として、ご用意いたします。

いろんな職種の人に来て頂きたいと考えています。デザイナー、エンジニア、ビジネスマン、研究者、金融、ロボット、などの方々が混在して、AIの全体像を会話からつかめる場にしたいと考えております。

ぜひ、ご参加ください。

募集は非公開のFacebookグループ【AI, Business and Technologies】を通じて行います。
まずは同グループへ参加リクエストをお送りください。

AI, Business and Technologiesへの参加リスエストはこちらから