2018年12月28日にゲンロンカフェで開催された斎藤哲也さん(@saitoshokai)、山本貴光さん(@yakumoizuru)、吉川浩満さん(@clnmn)のイベント「「人文的、あまりに人文的」な、2018年人文書めった斬り!」にて、3人が2018年に読んだ人文書597冊の中から三宅の『人工知能のための哲学塾 東洋哲学篇』を2018年人文的大賞に選んでいただきました

philosophy

受賞を記念して、出版元ビー・エヌ・エヌ新社のnote上で第一章を無料公開していただけることになりました。同書をまだお手に取れていらっしゃらない方は、これを機にぜひ読んでみてください。

試し読み:『人工知能のための哲学塾 東洋哲学篇』 [第一夜] 荘子と人工知能の解体

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中